ライティングはシャイな日本人向け

ライティングはシャイな日本人向けです。

 

ライティングは、シャイな日本人にぴったりのコミュニケーションです。

 

外国人と英語でトークする場合、たいていの日本人は、

  • トークは、自信ない
  • はずかしい
  • よく聞こえないときはどうしよう

と感じてしまいます。

 

これでは英語を体感できません。

 

ブログやSNSなどのインターネットでの非同期コニュニケーションはどうでしょうか?
そうです。リーディングやライティングは、時間をとって調べながら書くことができます。

 

まったくわからなければ、翻訳ツールをつかえばいいんです。

 

インターネットライティングは非同期で、時間をかけて、調べてから書ける、まさに日本人に合っている形態といえます。

 

もっともSkypeなどでリアルタイムでコニュニケーションしたい場合のライティングは、もう少し次元が上の話なので
それなりに努力が必要になります。