英語ブログをつくろう

まずは、ブログで英語日記を書いてライティング力をUPしましょう。

 

英語の表現力を磨くには、おすすめな方法は、英語で日記を書くことです。
英語日記のいいところは、誰でも気軽に始めることができます。

 

日によってさまざまな英単語や文法、フレーズを取り入れてください。
自分の気持ちや言いたいこと、実際に起こった出来事を伝える力が身につきます。

 

好きな文章の英語表現スキルが磨けるので、ライティング力だけでなく英会話力を上達させることができます。また、場合によっては、英語でコメントがつくかもしれません。

 

日記やコメントをブログで書いてみましょう。
2行程度でいいと思います。

 

I had a Japanese dinner today with my family.
My sister said the food was very good.

 

まずは続けられる分量でライティングすることが大切です。

 

また、日本人でも英語ブログを持っている方も多いので、それらの方のブログを目標にしてみるのがモチベーションupの秘訣です。

「Google Blogger」で海外ブログをつくる

海外ブログはいろいろありますが、日本人にとって手っ取り早いのは、やはりYahooかGoogleのブログサービスだと思います。

 

GmailやRSSリーダなど、Googleアカウントを持っている方は、Googleの「Google Blogger」が簡単です。
Bloggerは完全に無料のサービスです。何か問題が生じた場合も、画面のヘルプボタンをクリックするだけで回答を表示できます。

 

作成はこちらからできます↓
Google Bloggerの作成ページ

 

外国人向けのブログにするので、使用言語を「英語」にして作りましょう。
Googleのアカウントでログインして、ブログの編集画面にログイン後、「設定」→「フォーマット」を選択して、「言語」を"英語"に選択するだけです。

 

アカウントがない場合も、アカウントをすぐに作れます。
Googleアカウント作成ページ

 

作成したら、英語で早速投稿を始めてみましょう。
レスがついたら、しめたものです。英語で回答しましょう。
最近なら震災や原発問題などは、外国人も興味があるので、投稿すればレスがつくかもしれません。

 

どうしても正確に伝えたいことがある場合は、google翻訳やエキサイト翻訳を頼るのも手です。
しかしこれらは、いつまでも頼ってしまう麻薬作用があるのでほどほどの使用にしましょう。

 

日本人の海外ブログで、目標にする人を持とう。

最後に、日本人の海外ブログで、目標にする人を持ちましょう。

 

日本人でも、日本に住みながら海外ブログで英語を流暢につかっている方はたくさんいます。

 

「blog japan japanese」あたりで検索して、ぜひ探してみてください。
テレビに出ている方でも、学者の方は海外用のブログをもってらっしゃる方が多いです。

 

私の目標は、脳科学者の「茂木健一郎」さんです。
生き方といい、コメントの内容といい、英語のライティング力といい、どれも素敵ですね。

 

茂木健一郎さんのブログ

 

日本人の海外ブログで、目標にする人を持ちましょう。
できれば表現の方法を真似てみるのも、ライティング力UPのよい方法です。